くらし情報『片付けの失敗から気づいた! リビングのおもちゃ収納の見直し方』

2019年5月11日 11:00

片付けの失敗から気づいた! リビングのおもちゃ収納の見直し方

リビングは「みんなで過ごす場所」、子ども部屋は「自由に遊べる場所」と使い分けることにしたのです。

リビングに置いていたおもちゃは、一部を残して、ほとんどを子ども部屋の収納棚に移動し、リビングには、みんなで遊べるカードゲームを中心に置くようにしました。

Img 3870


すると、週末や夫の帰宅が早い日などは、みんなでカードゲームをして遊ぶ時間ができるようになりました。もちろん、一人遊びしてもらわないといけない時間もありますが、遊びたいものを子ども部屋から持ってくるシステムなので、出し過ぎることがありません。

昔のようにカオスになることなく、「片付けて〜」の声かけで、子ども自身で片付けられることがほとんどです。この春から小学生になり、リビング学習も始まっているわが家。これから先は、集中してもらいたい時間が増えていくと思うので、このスタイルに切り替えて、良かったなと感じています。では、今までリビングにあったおもちゃを、実際に分けていってみましょう!

リビングに置くものを選び取る方法とは?

リビングと子ども部屋の使い分け方が決まったら、目的に合わせて、今リビングに置いてあるおもちゃを全て出し、お子様と一緒に下の図のように分けていくとすっきりしやすいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.