くらし情報『ポイントは3つ! 日用品のストックを使いやすくする管理方法』

2019年5月31日 11:30

ポイントは3つ! 日用品のストックを使いやすくする管理方法

こんにちは。ライフオーガナイザー®の橋本智子です。

片づけサポートに伺うと、日用品の整理収納のお悩みをよく伺います。ある程度ストックを持っておきたいけれど、あるのを忘れてつい同じものを買ってしまったり、反対にストックが多すぎて収納する場所がない……というのはよく見かけるケース。

・ストックを使いやすくする3つのポイント
・【1】一元管理?分散管理?保管方法と場所を決める
・【2】保管する量を決める
・【3】保管する物を定番化する
・予定外の物が家に入ってきた時の対処法
・まとめ
そこで今回はできるだけ楽にストックを管理するために、実践してみて効果があったことをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ストックを使いやすくする3つのポイント

【1】一元管理?分散管理?保管方法と場所を決める

ポイントは3つ! 日用品のストックを使いやすくする管理方法


どんなストックの保管方法が合っているかは、人によって違いますが、

①家中のストックを集め、パントリーなどにまとめて一元管理する方法
②キッチン、洗面室、廊下収納など、使う場所の近くに分散して保管する方法
に分かれるのではないでしょうか。

もちろん、それぞれメリット・デメリットがあります。

①の一元管理する方法は、ストックの残量が一か所で分かるのが良いところ。一方で、詰め込み過ぎには注意が必要です。また、使う場所と離れていると、毎回取りに行くのが面倒に感じることも……。

②の分散管理は、ストックの補充がしやすいのがメリット。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.