くらし情報『どうやって「お下がり」をとっておく? 子どもの衣類収納法』

2019年6月17日 19:30

どうやって「お下がり」をとっておく? 子どもの衣類収納法

こんにちは、マスターライフオーガナイザー®のはやさかひろみです。

成長とともに新しいサイズへの買い替えが必要になる、子どもの衣類。お子さんがいるご家庭の片づけに関する悩みは、お子さんのおもちゃと衣類であることが多いように思います。

目次

・お下がりをもらったら、まずすることとは?
・もらったままではなく、わけてから収納
・サイズや季節ごとに分類
・仕組みを作ったらあとは回転させるだけ!
・お下がりをあげるときも要注意!
・まとめ


特に赤ちゃん~幼児期の衣類は、80、90、100、110サイズ……と種類も多く、成長とともにどんどん大きくなりますから、管理も大変。

サイズアウトした服をお友達にあげたり、もらったり、兄弟間などでも「お下がり」で着まわした経験のある方も多いかもしれませんが、今着ている服とは違う、「お下がり」服はありがたい反面、収納の悩みの種でもあるようです。

お下がりをもらったら、まずすることとは?

もらったままではなく、わけてから収納

946938998


お下がりは、大概まとまった数でやってくるもの。1枚、2枚ではなく、袋や箱にドサっと、というパターンが多いと思いますが、そのお下がりの袋や箱、いただいたらそのまま、クローゼットや押し入れなどに収納していないでしょうか?

残念ながら、いただいたお下がりを全て使う(着る)ということはあまりないようです。なぜなら、親の好みが違ったり、子ども本人の好みが違うから。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.