くらし情報『【服収納の実例】衣装ケースとタンスの使い分け方法って?』

2019年6月8日 11:00

【服収納の実例】衣装ケースとタンスの使い分け方法って?

こんにちは、広島市のライフオーガナイザー®️木原ことのです。

私は、高校生の頃に「これは良いタンスだからお嫁に持って行きなさい」と、母からプレゼントされたタンスを今も使っています。そして実家を出て、一人暮らしを始めた時から今まで、引っ越すたびに一緒に連れて回り、雨に濡らしてしまったこともありました。

・衣装ケースを使ってわかったタンスとの違い
・タンスのメリット・デメリット
・衣装ケースのメリット・デメリット
・タンス・衣装ケースに収納しているもの
・タンス収納
・【浅い引出し1段目】妻靴下エリア
・【3段目/4段目】夫エリア
・【5段目/6段目】妻トップスエリア
・【7段目】妻ボトムスエリア
・衣装ケース収納
・まとめ
そのため少しずつ傷みが目立つようになってきていて、今のマンションに引っ越すことをきっかけに、手放してもいいかもしれないと考えていました。

そこで、引越祝いに何が欲しいかリクエストを聞いてくれた友人には、無印良品の衣装ケースをお願いしてみました。わが家の奥行の狭いクローゼットに、ぴったりのサイズがあったからです。

今回は、タンスと衣装ケースを使ってみて、それぞれのメリット・デメリット、そして我が家の使い方を紹介します。

衣装ケースを使ってわかったタンスとの違い

「しまう」「取り出す」を頻繁に行う衣服に関しては、タンス収納と分けています。

その理由は、クローゼットのドアを開ける→衣装ケースの引出しを開ける、と2アクションかかる衣装ケースより、タンスの引出しを開ける1アクションで済むタンスを利用するのが便利だからです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.