くらし情報『【服収納の実例】衣装ケースとタンスの使い分け方法って?』

2019年6月8日 11:00

【服収納の実例】衣装ケースとタンスの使い分け方法って?

衣装ケースのメリット・デメリット

衣装ケースの特徴は、プラスチック製であること。そのため安価で、かつ軽量なものが多いです。引越しの多い方は特に扱いやすく、そのメリットを感じやすいと思います。

さらに単体で購入できるため、数の調整をしやすいところもポイント。もし、私が今から購入するのであれば、無印良品ではなく、上記の「フィッツ」というブランドの衣装ケースを迷わず購入します。前枠がついているためほとんどたわまないのと、引き出す際の滑りがとても良いからです。

デメリットとしては、カビや湿気に注意が必要なところです。木製家具のように、調湿機能はないため、対策しなければなりません。

対策としては……
・除湿剤を使う
・タンスと壁の間に余裕を持たせ、空気の通り道を作る
・定期的に引出しを開けて、空気の入れ換えをする
・とても気になる場合は、上記に加え、除湿機やサーキュレーターなどの家電を併用する
があげられます。

では、実際にわが家のタンスの中身がどうなっているかをお見せします。

タンス・衣装ケースに収納しているもの

タンス収納

【浅い引出し1段目】妻靴下エリア

【服収納の実例】衣装ケースとタンスの使い分け方法って?


一番上の段だけ、左右の引出しに分かれています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.