くらし情報『子どもがお片付け上手になれる! 収納の仕組みの4つのポイント』

2019年6月14日 19:30

子どもがお片付け上手になれる! 収納の仕組みの4つのポイント

こんにちは。ライフオーガナイザー®の佐藤美香です。

子どもに片付けを「自分でできるようになってほしい」と思っていても、実際に何をすればよいのか?が分からないという方もいらっしゃいますよね。また、逆に「このくらいならできるだろう」と思っていたことができずに、何度もつまずくこともあります。

目次

・子どもの片付けポイント①:量に注意!引き出し収納のコツ
・子どもの片付けポイント②:写真・イラストで分かりやすくする
・子どもの片付けポイント③:大きめ&多めのものはキャスター付き
・子どもの片付けポイント④:通園バッグや帽子はフックが楽チン
・まとめ


つい大人目線で収納や仕組みを考えてしまいますが、子どもの「自分でできる」を増やすためには、気をつけたいポイントがあります。わが家の3歳の娘を例に、ご紹介いたしますね。

子どもの片付けポイント①:量に注意!引き出し収納のコツ

例えば、引き出しやカゴに衣類を収納している場合、子どもが自分で選びやすいように、量は少なめにしておくことをオススメします。引き出したときにぎっしりと衣類が入っていると、何が入っているか把握しにくいだけでなく、1枚だけ出したいのに何枚も一緒に出てしまい、余分に出てしまった衣類がきれいに元に戻せなくなってしまうことが……。結局、大人が直す必要性が出てきます。

収める量は、片手で中身が出せる・戻せることを目安にするといいですよ。

Sato


出典:https://aika-katazuke.com/

また、高さや重さなど出し入れしやすい状態になっているかも確認してみてくださいね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.