くらし情報『お洒落に飾るコツは? 梅雨の花「アジサイ」で花のある暮らしを』

2019年6月11日 11:00

お洒落に飾るコツは? 梅雨の花「アジサイ」で花のある暮らしを

こんにちは、フラワーデザイナーでフォトスタイリストのはぎわらりえこです。

初夏を彩る花として「アジサイ」は欠かせない花ですが、皆さんは「アジサイ」と聞いて、どんな花を連想しますか?

目次

・アジサイってこんな花!
・庭木のアジサイを摘んだ後、どうケアをする?
・アジサイを切り花で楽しみたい時の下準備
・湯揚げの方法
・アジサイのお洒落な飾り方
・アジサイを豪華な雰囲気で見せたい時
・1本のアジサイをリース風に飾る
・まとめ


今日はまずアジサイについて、以外と知られていなかったキホンをおさらいしていきましょう。

アジサイってこんな花!

「アジサイ」は、ユキノシタ科アジサイ属の植物で、別名を「七変化」と言います。英語名では、ハイドランジア(Hydrangea)と表記します。私たちプロが利用する市場では、ハイドランジアという名称で流通しています。

さて、近年その花市場では、外国からの輸入花が大変増えています。今や輸入花のひとつとも言われているアジサイですが、実は日本が原産地なんです。

江戸時代末期、長崎の出島に滞在していたドイツ人の医師・シーボルトが、日本からヨーロッパにアジサイを持ち帰ったそう。そのアジサイをもとに品種改良したものが、現在の「西洋アジサイ」と言われています。

Dsc 4126


photo Rieko Hagiwara

「西洋アジサイ」は、写真のようなピンク色の種類も豊富ですが、ほかにもグリーンなどその花色自体もさまざま。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.