くらし情報『「まずは貯金だ! 私がお父さん役もやるんだ!」未来のために“いま”を犠牲にしていたかも…。新山千春さんインタビュー【1】』

「まずは貯金だ! 私がお父さん役もやるんだ!」未来のために“いま”を犠牲にしていたかも…。新山千春さんインタビュー【1】

離婚してまず、古い家に引っ越しました

ーー離婚なさったとき、一人娘のもあさんは8歳でしたね。シングルマザーになった当時、どんな心境で子育てしていましたか?

新山千春さん(以下、新山)どこか孤独だったかもしれません。いちばん気をつけていたのは体調です。体調を崩すことができない状況で、とにかく食生活を見直して、野菜をたくさん摂ったり運動をすることを心がけていました。

ーー体が資本ですよね。

新山千春さん(以下、新山)それと、子どもを育てていくにあたってお金を貯めていかなきゃいけないと思ったので、古くて狭い家に引っ越したんです。それまではダブルインカムで生活面に余裕がありましたが、シングルになって今までと同じような生活を続けていくのは難しい、と。今後、もし何かあってその生活が続けられなくなったときに、いきなり生活水準を落とすよりも、「いまガツンと下げてしまおう!」と思ったんです。

目次

・離婚してまず、古い家に引っ越しました
・“いま”の生活より最悪を想定した“未来”のことばかり……
・「私がお父さん役もやる」と力みすぎて
・新山千春さん/タレント


9754


ーー意識的に生活水準を下げるようにしたのですね。

新山はい。それを、もあにも説明しました。「古いおうちからがんばってリスタートするのに協力してくれない?」と、芸能人の子どもだからと、裕福な暮らしをしていそうと見られることもあるかもしれないけど、私たちは私たちの身の丈に合った暮らしで楽しく頑張っていこうね……といったことを伝えて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.