くらし情報『カラーボックス1段でOK! 学校の長期休みを快適に過ごす学用品収納』

2020年2月22日 19:00

カラーボックス1段でOK! 学校の長期休みを快適に過ごす学用品収納

こんにちは。マスターライフオーガナイザー®︎のはやさかひろみです。

子どもが小学校へ入ると、いろいろなものが必要になりますよね。子供部屋や学校のものを置くスペースを準備される方も多いのではないでしょうか?

そこで忘れてしまいがちなのが「学用品の収納場所」。

普段は学校で使いますが、春休み、夏休み、冬休みなどの長期休みには必ず家へ持ち帰ってくるもの。収納場所を確保して、長期休みもスッキリしたお家で暮らせるコツをお伝えします。

小学校の学用品ってどんなもの?

目次

・小学校の学用品ってどんなもの?
・お家にも収納スペースを確保しておこう!
・カラボ1段で長期休みもスッキリをキープ
・中身の確認は、持ち帰ってきたそのときに
・まとめ
S 27492355


小学生になると、学校で使う持ち物が増えていきます。

ランドセル、教科書やノートの他に、道具袋、絵の具セット、さんすうセット、習字セット、鍵盤ハーモニカ、リコーダー、裁縫セット、彫刻刀など。

学校によって差はありますが、道具袋にはハサミやのり、ホチキス、セロテープ、クーピーなどの文房具を入れておくなど、さまざまな学用品を学校で使うために用意しておく必要があります。

このように小学校入学後は、学年が上がるごとに少しずつ授業で使う学用品が増えていきますから、持ち物の管理も親子で取り組んでいく必要があります。

お家にも収納スペースを確保しておこう!

79122328


普段は学校に置いたまま使用することが多い学用品たち。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.