くらし情報『カラーボックス1段でOK! 学校の長期休みを快適に過ごす学用品収納』

2020年2月22日 19:00

カラーボックス1段でOK! 学校の長期休みを快適に過ごす学用品収納

ところが長期休みが近づくとひとつ、またひとつと家に持ち帰ってくることになります。

家に置く場所を確保していないとリビングの隅に「とりあえず」置いておく、となってしまい、ゴチャつきの原因になってしまいます。

ちょっとだけ、のつもりで床置きしてしまうと……。

(ママにそんなつもりはなくても)「ここに置いてもいいよ〜」のサインになってしまい、次々とものが集まってきてしまうんです!特に部屋の隅(コーナー)や壁沿いなどは、ついついものを置いてしまいがちなので要注意。

持ち帰った学用品は、普段は家に置かないものではありますが「定期的に戻ってくる」ものですから、専用の収納スペースを確保しておけるといいですね。

カラボ1段で長期休みもスッキリをキープ

S 38240259
収納スペースを確保するといっても、そんなに広いスペースがなくても平気です。たとえばカラボ1段だけ、学用品入れにしてみてはいかがでしょうか。

カラーボックス用の収納ボックスを使えば、ポンと入れるだけなので子どもでもラクちん。ボックスに深さがあるので結構入りますし、中が見えないので雑に入れていてもスッキリ見えが叶います。

ボックスはいろいろな種類がありますが、出し入れしやすいよう引っかかりのないシンプルな形状のものがオススメです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.