くらし情報『日用品はどのくらいストックするのが正解? ストック管理方法のコツ』

2020年1月18日 19:30

日用品はどのくらいストックするのが正解? ストック管理方法のコツ

日用品のストックが増える3つの理由

目次

・日用品のストックが増える3つの理由
・日用品のストックの適正量ってどのくらい?
・日用品がどのくらいで消費されるか知っておく
・なぜ日用品のストックが少ないほうがいいのか?
・日用品のストックの管理のコツ
・まとめ
日用品はどのくらいストックするのが正解? ストック管理方法のコツ


こんにちは!SPACE PLUS+ 東京の整理収納アドバイザーのNatsueです。

一般的な家庭の日用品のストックといえば、ボックスティッシュやトイレットペーパーから始まり、各種洗剤類、そしてシャンプーなどのヘアケア用品、ポリ袋や排水溝ネット、掃除道具などの小物系の消耗品まで、たくさんの種類がありますよね。

片付け作業で伺うお宅でも、日用品のストック問題に直面します。もらったポケットティッシュがごみ袋3袋分ぐらい出てくるお宅や、まるでドラッグストア?というぐらい洗剤・柔軟剤・シャンプー・ボディソープなど、たくさんの在庫であふれかえったお宅もありました。

ところで、日用品のストックはなぜこんなにも増えるのでしょうか?
それは
①特売だったから
②家族が買ってくるから
③もらうから
腐るものではないから、安かったら買っておこう……。
家族それぞれにこだわりがあって個別の種類を買っておこう……。
景品や街角の配布などでタダでもらえるならもらっておこう……。

このような理由が積み重なり、ストック品はどんどん増えていきます。

日用品のストックの適正量ってどのくらい?

日用品はどのくらいストックするのが正解? ストック管理方法のコツ


実際は、日用品が家の中に一体どのくらいあるのかを把握していないお宅が多いのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.