くらし情報『使いこなせば無限大! 突っ張り棒を使った収納アイディア』

2020年2月9日 19:30

使いこなせば無限大! 突っ張り棒を使った収納アイディア

こんにちは。昔は突っ張り棒マニアで、魔法使いのようにさまざまな長さや種類の突っ張り棒を所有していましたankoです。

突っ張り棒の使い方というと、壁と壁の間に突っ張り棒をかませて、何かをぶら下げたりする使い方が主だと思いますが、最近ではぶら下げる以外にも、いろんな使い方のアイディアをよく見かけます。

目次

・穴を開けられない場所にも収納を
・角度をつけると見やすくなる!?突っ張り棒の意外な使い方
・まとめ


また、突っ張り棒の種類も、棒の太さが細いものから太いもの、短いものや長いものなど、それぞれの用途にあったものが選べるので、我が家でもとても重宝しています。

img 4436


こちらは我が家の洗面所の鏡裏収納。

どこに突っ張り棒が使われているわかりますか?

こちらの写真の中央部分、歯磨き粉をぶら下げている部分に、とても短いタイプの突っ張り棒を使用しているんです。

突っ張り棒を使うことで、本来は使えていなかった空間を使うことができるのです。

穴を開けられない場所にも収納を

img 4433


賃貸やコンクリート素材の壁などで穴が開けられない場合、そこに収納があれば便利なのに、スペースが勿体ない……なんて思ったことはありませんか?

こちらは私の祖母宅の団地のキッチン。

まさに壁がコンクリートのような硬いところなので、画鋲のようなものは全く刺さらず、ドリルで穴を開けてネジを入れることしかできないのですが、そうした場所でも関係なく、突っ張り棒を使えば収納スペースを作ることができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.