くらし情報『無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク』

2020年2月15日 19:30

無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

毎日“お茶碗一杯分”が無駄になっている!?

こんにちは。ライフオーガナイザー®の佐藤美香です。

日本での食品ロス(まだ食べられるのに廃棄される食品)は、国民1人あたりに換算すると、毎日"お茶腕約1杯分・約139g(※)"ほどの量ということ、皆様はご存知でしょうか?

目次

・毎日“お茶碗一杯分”が無駄になっている!?
・容器に残った食材も使い切る!
・はちみつのボトル
・豆板醤の瓶
・ふりかけの袋
・野菜の芯や葉は、捨てずに食べきる
・だいこん(かぶ)の葉
・ブロッコリーの芯
・しいたけのじく
・残った食材は、お1人様メニューで食べきる!
・まとめ


(※)消費者庁 | 食品ロスについて知る・学ぶ
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/education/

とても「もったいない」ですよね。食材はもちろんですが、買い物や調理するには手間も時間もお金もかかっています。それらは、家族においしい・栄養のあるものをと用意したものだったかもしれません。その気持ちや時間が無駄になってしまうのも、とても「もったいない」と思うのです。

ほんのひと手間プラスすることや、知ることで、食品ロスは減らすことができます。まずは、できることからはじめてみませんか?

1173029444

容器に残った食材も使い切る!

資源回収に出すために、はちみつのボトルや、調味料が入っていた瓶、ふりかけの袋などを洗うときに、中身が残っていて「もったいない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.