くらし情報『シャキシャキ感がおいしい! 水菜のおすすめの食べ方とレシピ』

2020年4月1日 19:00

シャキシャキ感がおいしい! 水菜のおすすめの食べ方とレシピ

こんにちは♪キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

全国各地には、地域で親しまれた特徴ある野菜があります。近年は、その地域の伝統野菜が全国的に有名になって、お取り寄せされたり、一般的に浸透したりしているものもあります。今回紹介するのは、瞬く間に浸透され、一般的になった「水菜」。近年はどこの地域でも普通にスーパーで入手できるようになっている野菜ですが、元々は関西で親しまれていた地域野菜。実は2000年ごろから品種改良された小ぶりで柔らかい品種が登場し、関東で人気に火がついたようです。その後、さまざまなメーカーがレシピやCMなどで水菜を採用し、全国的に知られるようになっていきました。

目次

・水菜の魅力はどんなところ?
・水菜の保存の仕方
・水菜のレシピ
・サラダ
・水菜とスモークチキンの和え物
・ハーブチキンとグレープフルーツのサラダ
・水菜たっぷり サーモンのカルパッチョ
・水菜の生春巻き
・サラダうどん
・水菜入り海鮮太巻き
・水菜のマヨサラダ
・鍋
・水菜と人参の肉巻き
・しらすと水菜炒め
・デコ食材として
・まとめ


どうしてこんなに水菜が認知されて、全国的に人気のある野菜となったのか。その特徴や魅力、食べ方などもあわせてご紹介します。

水菜の魅力はどんなところ?

1171537057


以前は、京菜と呼ばれることが多かったアブラナ科の植物。近年は、全国的に水菜という名前で認知されました。私も水菜をはじめて知ったときは、京菜の名前で売られているのを手にしたとき。今スーパーで見かける水菜よりも大ぶりで少し太く、噛み応えはありましたが、そのぶん瑞々しさがあり、すぐに好きな野菜となりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.