くらし情報『旬を味わおう! たけのこの下処理と丸ごと使い切りレシピ』

2020年5月16日 18:30

旬を味わおう! たけのこの下処理と丸ごと使い切りレシピ

たけのこが出てしまうと火が通らないので、落し蓋をして浸かるようにしましょう。また強火で早く茹でると、アクがしっかり抜けません。中火~弱火でじっくりと茹でるようにするとえぐみの少ないおいしい水煮ができます。茹でるとかなりの泡が出てくるので、吹きこぼれないよう気を付けてください。

火を止めるタイミングは、根元の固い部分に竹串がスッと入る程度(長く茹ですぎると柔らかくなりますが風味もなくなります)。火を止めたら、そのまましっかり冷めるまで茹で汁に浸したままにします。この冷ます時間にもアクが抜けていきます。

637557194


しっかり冷めてから皮を剥きます。黒い固い皮の内側にある柔らかい部分は、姫皮と呼ばれ食べられます。この部分はパックの水煮では取り除かれてしまっているので、自分で茹でたときにだけ食べられる部分です。捨てずにおいしく味わってください。皮を剥いた、たけのこの水煮は、タッパーなどの容器に入れ水に浸けて冷蔵庫で保存。1週間程度は大丈夫です。

穂先は柔らかく和え物や酢の物などに、根元はしっかりとした固さがあるので煮込み料理向き。それぞれに味わいと合う調理方法がありますが、お好みで使い分けてください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.