くらし情報『おうち時間に! もう使わないけど、まだ使える「不用品」のリユース方法』

2020年10月23日 19:00

おうち時間に! もう使わないけど、まだ使える「不用品」のリユース方法

こんにちは。
ライフオーガナイザー®、リユースオーガナイザー®の佐藤美香です。

改めて家の中のものを見直すと、今の自分の暮らしには合わないけれど、まだまだ使えるものもたくさんでてきます。使えるものを手放すのは、なかなかハードルが高いですよね。さらに手放しやすいと思う方法も、人によって違います。今回は手放すための方法をいくつかご紹介いたします。

大きなアウトグッズや家具はジモティーが便利

大きなものは、特に手放しにくい。まだ使えると思うと、粗大ごみとして出すのもためらいますよね。我が家では、身近に使ってくれる親戚や友人がいないときは、地元の掲示板「ジモティー」というアプリを使って手放しています。

地元の手放したい方と必要としている方が、アプリを通じて知り合い、アプリを通して連絡をとり、受け渡すことができる、という仕組み。とはいえ、知らない方とのやりとりは不安もありますよね?

目次

・大きなアウトグッズや家具はジモティーが便利
・待ち合わせ場所
・運ぶ時の注意事項
・都合の良い時間帯
・すき間時間を有効活用!郵送できるものは、フリマアプリが便利
・コーディネート売り
・まとめ売り
・まとめ


1186760104

待ち合わせ場所

私の場合、1番の気がかりは引き渡す際の待ち合わせ場所でした。知らない方に、自宅の住所を知らせるのは避けたいですよね。自宅近くにある大きな建物や公園での待ち合わせなら安心です(投稿の際は、大まかな場所の提示だけOK)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.