くらし情報『開き戸タイプの収納が一気に使いやすく! 扉裏のワイヤーネット収納』

2020年11月30日 17:00

開き戸タイプの収納が一気に使いやすく! 扉裏のワイヤーネット収納

目次

・使いやすくするには? 使うのを難しく感じる理由
・ワイヤーネット収納①キッチンにある食器棚の扉裏で
・ワイヤーネット収納②洗面化粧台下の扉裏で
・まとめ
1047383898


こんにちは。ライフオーガナイザーの前田梨絵です。

洗面化粧台の下や、キッチンのシンクやコンロの下、食器棚などによくある開き戸タイプの収納。引き出しタイプの収納に比べると、使うのが少し難しいようにも感じている人も多いようです。

そんな開き戸タイプ収納の扉裏に、我が家では100均のワイヤーネットを取り付けて活用してみると、使い勝手が格段とよくなりました。

今回は、そんなお値段以上のワイヤーネット収納をご紹介したいと思います。

20190114 maeda 01

使いやすくするには? 使うのを難しく感じる理由

開き戸タイプの収納が引き出しタイプの収納に比べると、多くの人が使いこなすのに難しいと感じますよね。なぜなのでしょうか? 理由を考えてみると、使いやすくするために自然と工夫していることがありました。

【開き戸収納が難しい理由①】
高さがあって、そのまま入れると上の方にデッドスペースができてしまう。

【使いやすくするための工夫】
棚板を入れたり、コの字ラックなどで高さをわけたりして使う。

20190114 maeda 02


【開き戸収納が難しい理由②】
手前のものを動かさないと、奥のものが取り出せない。

【使いやすくするための工夫】
ケースなどにまとめて、引き出すようにして奥のものを取り出す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.