くらし情報『もっと早く見直せばよかった!掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」』

2020年11月30日 18:40

もっと早く見直せばよかった!掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

完璧主義の方ほど、お掃除道具を種類ごとにしっかりそろえている傾向があります。しかしお掃除に必要なのは、多岐に渡る洗剤やグッズではなく「必要な時に取り出せる環境」です。

では、具体的にどのように収納したらいいか見ていきましょう。

【具体例①】お風呂用のお掃除道具

S 29523981


お風呂掃除の基本道具は、中性洗剤・スポンジ・ブラシがあればまずOKです。

お風呂は湿気の溜まりやすい場所なので、お掃除用品を「置く」のはおすすめしていません。置いてしまうと、そこからピンクカビや水垢が発生するので、置かずに「浮かす」収納にしていくのがポイントです。

自宅では、タオルバーを使ってそちらにお掃除用品を収納しています。中性洗剤はモノトーンの洗剤ボトルに詰め替えし、生活感をなくします。スポンジは、クリップ付きのフックに引っ掛けて収納。ブラシはタオルバーに引っ掛けるタイプを。使い終わったあと、自然に水が切れるようにします。

【具体例②】洗面のお掃除道具

S 29523983


洗面は、お掃除シートと歯ブラシ、中性洗剤があればOKです。

一日の終わりにお掃除シートで鏡と水栓金具、カウンターや洗面ボウルを拭くだけでいつもきれいな状態がキープできますよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.