くらし情報『【ギクッ】「それってモラハラじゃん?」言われて否定はしたけれど……モラハラってどこから? モラハラだったらどうすればいいの?』

2020年11月30日 18:30

【ギクッ】「それってモラハラじゃん?」言われて否定はしたけれど……モラハラってどこから? モラハラだったらどうすればいいの?

という労働問題の相談・解決のための行政機関が存在しています。また、厚生労働省でも、ハラスメント悩み相談室[*3]を設けて、電話やメールでの無料相談を受け付けています。

メンタルの専門家に相談する

つらくてたまらないけど、専門家へ相談する気にもなれない……という場合、もしかすると、モラハラ被害を受けて心が弱っている状態かもしれません。

メンタルの専門家に助けを求めるのも大切なことです。とくに、「毎日がつらい、憂うつだ、気分が落ちこんでいる」、といった状態が続く場合は、要注意。保健所や市町村の相談窓口に相談する、精神科、心療内科といった医療機関を受診することも検討しましょう。

モラハラ被害者が法的に請求できることと、その方法

モラハラ被害に限らず「精神的苦痛を受けた」と、法的に慰謝料を請求することはできますが、そのためには「証拠」が必須。

ひどい言動を細かく記録するのは、つらいことかもしれませんが、証拠として保管しておくことはとても重要です。証拠として認められれば、めやすとしては150万~200万円の慰謝料を請求することができます。

モラハラ証拠を残すには

モラハラの証拠として、相手の暴言を録音しておいたり、メールやLINEで投げられた心ない言葉を残したりできれば、かなり有利です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.