くらし情報『子どもの成長に合わせた子ども目線のアウター収納術』

2021年3月18日 11:46

子どもの成長に合わせた子ども目線のアウター収納術

こんにちは、ライフオーガナイザー®のうめだあさみです。

秋から冬、春先まで気温に合わせてまだまだ活躍しそうな上着。薄手の羽織りものからはじまり、真冬にはかさばるダウンも登場。リビングのイスに掛けてあるならまだしも、玄関先や部屋の真ん中に脱ぎ散らかした上着は、嫌でも目に入ってしまいます。
そのうえ、お出かけの際には「上着がない!」「どれを着たらいい!?」と大騒ぎ。自分の上着くらい、自分で管理してもらいたいものです。

自分の上着は自分で準備&お片づけ。今回は、子どもの年齢別に、上着収納のヒントをご紹介します。

優先すべきは…子どもの視点

目次

・優先すべきは…子どもの視点
・2~4歳は「投げ込み収納」
・5歳~小学校低学年は「引っかけ収納」
・小学校中学年は「変形ハンガー収納」
・小学校高学年~は「ハンガー収納」
・まとめ
852063084


「ハンガーを利用してクローゼットに納める」のが、上着収納の理想形。スッキリ整った収納は大人にとっては使いやすく、見た目もステキ。

でも、小さな子どもがその方法でお片づけをするには、難しいことだらけ。
衣類をハンガーに掛けられない、クローゼット内のバーに手も届かない子どもに「ハンガーにかけてクローゼットの中に戻す」なんて、できるはずがありません。そうなると、必然的に準備もお片づけもママの仕事に。

子どもに上着を片づけてもらうため、優先すべきは「見た目」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.