くらし情報『【ワーママの理想と現実】子どもが産まれて仕事はどう変わる? 年収、働き方、タイムスケジュール、仕事への満足度…』

2021年1月18日 17:30

【ワーママの理想と現実】子どもが産まれて仕事はどう変わる? 年収、働き方、タイムスケジュール、仕事への満足度…

ワーママとは? その理想と現実! キラキラには程遠い、毎日……

目次

・ワーママとは? その理想と現実! キラキラには程遠い、毎日……
・ワーママとは?
・「ワーママ」はあっても「ワーパパ」という言葉はない?
・小学校高学年までの子どものいるワーママ約100人にアンケート!
・ワーママの働き方と年収は? 子どもができて、どう変わった?
・フルタイム? それとも時短・パート?
・☆現在のあなたの働き方(勤務形態)について教えてください※産休・育休中の場合は休暇明けからどのように働くかでお答えください
・ワーママの年収は高低二極化?
・あなた自身の年収を教えてください ※世帯年収ではありません
・年収の格差は、フルタイムワーママのなかで起きている!?
・ワーママの働き方、どう変わる? 出産Befor/After !
・産後しばらくはフルタイムは厳しい!
・フルタイムワーママも残業、休日出勤はできない!
・仕事を変えざるを得なかった例も
・周囲の協力の必要性や、迷惑をかけることへの意識の高まりも
・子ども以外の理由で休みがとれなくなった!
・自分自身の価値観の変化をあげる声も
・一時的に時短にしたものの、子どもの成長とともに働き方が戻ってきた!
・変わらない、収入が上がった、という人も!
・ワーママのタイムスケジュールは?
・フルタイムワーママのタイムスケジュール
・時短・パートタイムワーママのタイムスケジュール
・フルタイムに近いくらい働く時短ワーママの場合
・短い時間に限って働くパートタイムワーママ
・ワーママは今の働き方に満足してる? 本音を聞いてみた!
・ワーママの仕事への満足度はとても高い!?
・あなたは現在の仕事に満足していますか?
・現在の仕事に満足しているママ、その理由は?
・現在の仕事に不満なママ、その理由は?
・まとめ
【ワーママの理想と現実】子どもが産まれて仕事はどう変わる? 年収、働き方、タイムスケジュール、仕事への満足度…


働くキラキラママにあこがれていたけれど、実際はそんなにうまくいっているケースは珍しい、バタバタと忙しくて毎日必死な、ワーママの現実……。

女性が子どもを産んでからも働くことが増え、「ワーママ」という言葉からも、珍しいというニュアンスはなくなりつつあります。

ママが働きやすい環境整備が進んでいる一方で、まだまだ働きにくいところ、理解が薄いところも……同じ「ワーママ」でも、状況にはかなり差が出てきているのが今の現実。

その実態を、ワーママ約100人へのアンケートから探りました。

ワーママとは?

「ワーママ」とは、「ワーキングママ(ワーキングマザー)」の略。文字どおり、子育てしながら働いている女性を指しています。

子どもの数やフルタイム・パートといった勤務形態、年収や待遇にかかわらず、子育てをしながら働いていれば、「ワーママ」に当てはまります。

「ワーママ」はあっても「ワーパパ」という言葉はない?

「ワーキングパパ」という言葉はないことからもわかるように、「ワーママ」は、もとは、子育てしながら働く女性がまだ珍しかったころに、言われはじめた言葉です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.