くらし情報『ママもパパも「フツウ」に苦しめられている! コミック『母親だから当たり前?』作者 龍たまこさん特別インタビュー!』

2020年12月29日 17:30

ママもパパも「フツウ」に苦しめられている! コミック『母親だから当たり前?』作者 龍たまこさん特別インタビュー!

妻が「フツウの母親」像に苦しむとき、夫も「フツウの父親」像に苦しんでいる!

目次

・妻が「フツウの母親」像に苦しむとき、夫も「フツウの父親」像に苦しんでいる!
・あらゆる世代、あらゆる立場の人に「フツウ」という生きづらさがある
・「男らしさの呪い」を描くことに挑戦したかった!
・書籍『母親だから当たり前?フツウの母親ってなんですか』について
・龍たまこさんのプロフィール
Q301

Q302

Q303

Q304


物語のなかで、主人公あかりと並んで、いやある意味、あかり以上に自分のなかの「フツウ」に苦しんでいるのが、あかりの夫、平太。

――前回は、主人公あかりを苦しめる、「フツウの母親」「理想の母親」像についてお聞きしました。今回は、少し視野を広げて、あかりの隣にいる夫・平太の「フツウ」についてもお聞きしていきたいと思います。

あかりのパートナーである夫・平太も、「フツウの父親」「理想の父親」像に、とても苦しんでいますね。

本当は、出世に興味もなければ残業もしたくない。だけど、大事な家族のために男は何よりも稼がなきゃいけない、なぜならそれが、平太にとっての「フツウ」で「理想」だから……。

物語はさらに展開して、実は平太だけでなく、平太の両親(主人公あかりの義父母)もみんなみんな「フツウ」に苦しめられている、ということがわかっていく……。

本作は「ママの求人」というママ向け媒体での連載として始まりましたが、はじめから「ママのつらさ」だけでなく、「みんなのつらさ」を描くつもりでいらしたんでしょうか?

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.