くらし情報『夫婦関係を良好にするには、「洗濯物、取り込んだよ」「お皿、洗っておいたよ」だけではNGだった』

2021年1月17日 16:00

夫婦関係を良好にするには、「洗濯物、取り込んだよ」「お皿、洗っておいたよ」だけではNGだった

今回のお題:ほめる

目次

・今回のお題:ほめる
・巧妙にほめを引き出して明るい家庭に
・ポイント
・書籍『不機嫌な妻 無関心な夫』について
3

相手のために何かしたら「ほめてもらいたい」と思うのが人情です。それでも、相手は「やってくれて当然」と思ったり、そのことに気づかなかったりして、全然ほめてくれない。それではストレスがたまるし、イライラしますよね。

そんなときは、 「これだけやったのだからほめてほしい!」という気持ちをハッキリ表現するべき。ポイントはストレートにぬけぬけとアピールすることです。

その時、 「洗濯物、取り込んだよ」 「お皿、洗っておいたよ」と、やったことだけをアピールするのでは不十分です。単なる報告だと「うん、わかった」と言われて終わってしまうのがオチです。目的は「ほめてもらうこと」なのですから、
「洗濯物取り込んでおきました! すごくないですか?」
「お皿洗い完了です! ほめてください!」とアピールします。

「あくまで自主的にほめてほしい」と思うかもしれません。気持ちはよくわかります。でも、ひと言足すだけで「わ、ありがとう!」 「ひゃー、助かる!」などと言ってもらえるなら、もうけものだと思いませんか?

巧妙にほめを引き出して明るい家庭に

自分からアピールするのに抵抗がある人には「リピート・アフター・ミー」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.