くらし情報『「家事を分担したら、相手に任せっきり」はNGだった』

2021年1月18日 16:40

「家事を分担したら、相手に任せっきり」はNGだった

今回のお題:役割分担

目次

・今回のお題:役割分担
・どのようなルールを作るのかは自分たち次第
・ポイント
・書籍『不機嫌な妻 無関心な夫』について
「家事を分担したら、相手に任せっきり」はNGだった

「名もなきもの」を含めると、家事・育児は山ほどある―。
それは家族のなかの誰か一人が引き受けるには無理がある―。
だからできるだけ可視化して分担したほうがよさそうである―。

このような家事・育児の実情が、ようやく社会に認知されはじめてきました。
これまでの日本での家事・育児の担当者は主に妻。それが少しずつ夫側にもシフトされ、状況はかつてと変わりつつあります。

とはいえ、まだ過渡期であり発展途上。
実際、「いやいや、うちの夫は何もしない」「うちはとっくに可視化アプリを使って、夫婦平等に分担している」「うちは妻のほうが苦手」など、さまざまな夫婦の形があります。夫婦にとって家事・育児はどのようにあるべきなのでしょうか?

理想論かもしれませんが、原則は「すべてふたりで責任を持つ」でしょう。
夫と妻のどちらかが責任を持ち、担当を外れたほうは担当者に任せっきりにする。「他人事」 「他者の業務」のように考える。これはナシです。

なぜなら夫婦は、対等なシェアハウス仲間だからです。
実際のシェアハウスでは、キッチンやお風呂、トイレ、玄関など共有部分の掃除分担が決まっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.