くらし情報『出産前に贈りたいメッセージの書き方とマナー』

2021年7月6日 08:09

出産前に贈りたいメッセージの書き方とマナー

出産前のメッセージはポジティブに

目次

・出産前のメッセージはポジティブに
・相手の体調を思いやる言葉がベター
・親しい友人へ贈るメッセージ
・礼儀を踏まえて温かい言葉を選んで
・職場の仲間に贈るメッセージ
・「安産祈願」の一言でも大丈夫
・親戚に贈るメッセージ
・性別の話や育児のアドバイスは避けて
・メッセージに使える英語の例文をご紹介
・まとめ
1207238539


出産をひかえた妊婦さんには、お祝いの言葉や励ましの言葉を送ってあげたいもの。遠く離れて暮らす親しい友人や、里帰り出産をするために郷里へ帰る友人、出産のための休暇に入る会社の同僚など、頻繁に会えなくなる相手に、メッセージカードを書いてみましょう。

カードに書く言葉は、ポジティブなものに。手書きの言葉はあたたかみがあり、書いた人の人柄が伝わります。

相手の体調を思いやる言葉がベター

メッセージとしておすすめしたいのは、「妊娠をお祝いする言葉」です。
・妊娠おめでとう!
・赤ちゃん楽しみですね
など、シンプルにお祝いする気持ちが伝わります。ほかには、自分も楽しみにしているという気持ちを伝えてもいいでしょう。

・自分のことのように喜んでいます。おめでとう
・うちの子と一緒に遊べるといいね
など、赤ちゃんの誕生を心待ちにしている様子を伝えられるといいですね。

ただ、周囲に期待されると、かえってプレッシャーに感じてしまう人も。「がんばって!」「丈夫な赤ちゃんを産んでね!」など、励ましの言葉は逆効果になることもあります。どちらかというと、「体調に気をつけてね」「無理をしないで過ごしてね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.