くらし情報『ギリシャ神話に想を得た前川知大の新作『終わりのない』が開幕』

2019年10月29日 00:00

ギリシャ神話に想を得た前川知大の新作『終わりのない』が開幕

『終わりのない』


小泉八雲の作品集『怪談』の短編5編をもとにした『奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話』(2009年)、柳田国男が岩手県遠野地方の伝承をまとめた説話がモチーフの『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』(2016年)など、これまで数年おきに上演されてきた劇作家・演出家の前川知大と世田谷パブリックシアターとの共作シリーズ。本日より幕を開ける最新作『終わりのない』は、古代ギリシャの長編叙事詩 『オデュッセイア』を原典とした物語だ。

前川といえば、普通の人々のなにげない生活にふと顔をのぞかせる異世界を通して、“目には見えないが、確かにそこにある(いる)何か”を描き出す作品群で知られる。その“何か”を言葉にしたのが、八雲のいう「怪談」であり、柳田にとっての「伝承」であり、あるいは紀元前から語り継がれてきた「叙事詩」なのだろう。東洋哲学やアニミズムを思わせる前川の視点は、映画やコミックの孫引きであふれた、ちまたの「オカルトもの」や「SFもの」とはハッキリと一線を画して小気味いい。前川の舞台を観ているうちに陥る、遠い記憶を呼び覚まされるような感覚。そして私たちもまた、連綿と続く歴史のかけらだということに気づくのだ。

「『わたしたちは何故ここにいるのだろう?』『いつの間にこんなところまで来てしまったのだろう?』という個人の旅を人類の旅と重ね、望郷の念をもって描いていく」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.