くらし情報『誰もが戦争の犠牲者である―ミュージカル『マタ・ハリ』観劇レポート』

2021年6月21日 12:00

誰もが戦争の犠牲者である―ミュージカル『マタ・ハリ』観劇レポート

対する愛希は今回初参加。細身で可憐な外見から想像していたものより、肚の座ったマタ・ハリで、その分、悪女感が増していて面白い。そしてやはりこの人も名ダンサーだけあって、「寺院の踊り」のしなやかさ、美しさは印象深い。

Wキャストによって深みの増したキャラクター像

マタにスパイ活動を強いるラドゥー大佐は前回から続投の加藤和樹、初顔の田代万里生。過酷な前線で兵士たちが命を落としていることに心を痛め、強引な方法でマタを取り込むが、自分自身がそのマタに惹かれていってしまうという難しい役どころだ。加藤・田代とも、それぞれの真面目な個性が役に投影されたか、根本にある“軍人としての正義”がきちんと見えるところがいい。しかしその後の歪み方が、自らの暴走に苦しんでいるような加藤ラドゥー、箍が弾け飛んでしまったかのような狂気を感じる田代ラドゥーと対極だったのが面白い。

誰もが戦争の犠牲者である―ミュージカル『マタ・ハリ』観劇レポート

ラドゥー大佐役(Wキャスト):加藤和樹撮影:岡千里
誰もが戦争の犠牲者である―ミュージカル『マタ・ハリ』観劇レポート

ラドゥー大佐役(Wキャスト):田代万里生撮影:岡千里
マタ・ハリと運命の恋に落ちるパイロット・アルマンは三浦涼介、東啓介のダブルキャスト。初演も出演した東は、近年大型ミュージカルで次々と主要な役を演じている経験を持ってふたたび挑むアルマンだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.