くらし情報『東映創立70周年エンターテインメント・アーカイブ特集上映第二弾決定 高倉健、菅原文太、千葉真一特集をお届け』

2021年10月19日 12:00

東映創立70周年エンターテインメント・アーカイブ特集上映第二弾決定 高倉健、菅原文太、千葉真一特集をお届け

『日本俠客伝 血斗神田祭り』 (C)東映

(C)東映



丸の内TOEIにて、東映創立70周年を記念した特集上映企画、第二弾の開催が決定した。

夏から続く70周年特集の企画上映だが、今回はより多くの名作を、より幅広く多様な特集によって届ける。特集は全部で6企画から構成。東映の70年という長い歴史の中でなくてはならないのが、偉大なスターの存在だ。作品にとっても東映にとっても決して欠かすことのできない名俳優たちの中でも、今回は高倉健、菅原文太、千葉真一出演の名作品を厳選した3名の「俳優特集」が企画された。また、作品に携わり、時代を共にした「東映社友会OBが選んだベスト10」では、映画館で観てほしいオススメの10作品を一挙上映する。

他にも「東映時代劇祭り」では、今回デジタルリマスター版として初上映の『血槍富士』他や、「東映セレクション」ではカンヌ国際映画祭最高賞であるパルム・ドールを受賞した『楢山節考』から、松田優作の人気シリーズ作『最も危険な遊戯』、“エログロ”路線の作品群などなどバラエティ豊かなボリューム満点の6特集、31作品を上映。さらに、デジタルリマスター化された東映ヴィンテージ・アニメを取り揃えたプロジェクト「とーあに!これくしょん」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.