くらし情報『[2020年映画興行総括] コロナ禍の1年。映画興行は『鬼滅の刃』の年だった。が、それ以上に洋画不在の年となってしまった。『パラサイト』で好調な出だし、だったのだが…。』

2020年12月31日 12:00

[2020年映画興行総括] コロナ禍の1年。映画興行は『鬼滅の刃』の年だった。が、それ以上に洋画不在の年となってしまった。『パラサイト』で好調な出だし、だったのだが…。

「 劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable


文:大高宏雄(映画ジャーナリスト)( ぴあアプリ「大高宏雄 映画なぜなぜ産業学」から転載)

全く、コロナ禍によって、想像を絶する年になった。「想像を絶する」。ときにオーバーにも感じるこの言葉が、何の誇張も違和感もなく、今は使える。その2020年の映画界、今回もいつもどおり、そのなかの映画興行について書く。それも洋画中心だ。まずは、以下の数字を見ていただこう。作品別の最終興収順位である(2019年11月末~2020年11月中旬公開作品対象、数字は一部推定)。ちなみに、今年の国内の映画興収は、推定で1350億円あたりとなる見通し(正月作品の興行によって、数字は変わる可能性がある)で、これは昨年の52%ほどにあたる。よく、ここまで踏ん張ったとは言えるが、それは『鬼滅の刃』というとてつもない作品があったからという以外ない。

☆邦画興行収入ベスト10

① 劇場版『鬼滅の刃』無限列車編 350億円〜
② 今日から俺は!!劇場版 53億7千万円
③ コンフィデンスマンJP プリンセス編 38億4千万円
④ 映画ドラえもん のび太の新恐竜 33億5千万円
⑤ 事故物件恐い間取り 23億5千万円
⑥ 糸 22億4千万円
⑦ 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 21億円~
⑧ カイジ ファイナルゲーム 20億6千万円
⑨ 劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.