くらし情報『菅田将暉、志村けんさんの命日に『キネマの神様』完成を報告』

2021年3月29日 14:45

菅田将暉、志村けんさんの命日に『キネマの神様』完成を報告

それでも「いろんなことを経たからこそ、たくさんのメッセージが詰まっている。映画館で見るべき映画になっている」と胸を張った。

山田組を振り返り「ほかの映画の現場とまるで違う。準備期間や時間の使い方、撮影のシステムも含めて、執念の塊というか…」と圧倒された様子。「粘りに粘って、でも次の日リテイクだったり(笑)。でも、俳優としては、そこまで求められるのがうれしい」と明かした。また、志村さんの代役を果たした沢田については「ものすごくパワフル。チャーミングで、ダメだけど色気がある魅力的なゴウ像だと思った」と話していた。

「準備も含めて、2年以上が経ち、ようやくこの日が来たかと。長い映画人生でもこんな体験は初めて」と感慨しきりに語る山田監督は、「何といっても、本読みまで進めた段階で、主役が亡くなるというのは体験がなく、非常に混乱したことを今でも思い出す」。代役を務めあげた沢田に対しては、「最初はどうなるか不安もあったけれど、志村さんとはまったく違う、別の魅力をもった主人公を演じてくれて、今はホッとしております。きっと、ずいぶん悩んだと思いますよ」と感謝の意を表した。そして「コロナ禍で、世界中の映画人が課題を突き付けられているが、僕は『映画館よ、永遠なれ』と言いたい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.