くらし情報『有村架純が『前科者』に込めた想い「向き合うことさえ諦めなければ、人は変われる」』

2022年1月26日 07:00

有村架純が『前科者』に込めた想い「向き合うことさえ諦めなければ、人は変われる」

映画の中では佳代とみどりさんの関係性がすでに成立しているのに、ふたりが関係を築いていくドラマの撮影の方が後で。「大丈夫かな?」と思いましたが、何も心配はいりませんでした。すべて石橋さんのおかげです。工藤さんとはまた別の意味で、最初に担当したみどりさんは佳代にとって特別な存在。佳代がみどりさんに助けられるように、私も石橋さんの存在にずっと助けられていました。

有村架純が『前科者』に込めた想い「向き合うことさえ諦めなければ、人は変われる」


──過去を乗り越え、人は変われるか。そんな物語のテーマを、有村さん自身はどう受け止めていますか?

有村私にも、過去の後悔はいっぱいあります。このお仕事を始めてからは叱ってくれる大人にたくさん出会えましたが、学生時代は自分の意思すらあまりなかったですし。お仕事をしていく中で初めて、「こうでなきゃいけないんだ」といろいろ気づかされました。そのおかげで変わっていくことができたんだと思います。デビューしてからもひと筋縄ではいかないことばかりでしたし、監督にもたくさん怒られました。でも、怒られてどうするかは自分次第。向き合うことさえ諦めなければ、人は変われるのかなと信じています。

取材・文:渡邉ひかる撮影:川野結李歌
ヘアメイク:尾曲いずみスタイリング:瀬川結美子
衣装協力:エボニー、ルーム エイト/オットデザイン、リューク、マナ

『前科者』
1月28日(金)より公開
(C)2021香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.