くらし情報『『ロートレック展 時をつかむ線』SOMPO美術館で開幕 世界最大級の個人コレクションからポスター、素描など約240点を公開』

『ロートレック展 時をつかむ線』SOMPO美術館で開幕 世界最大級の個人コレクションからポスター、素描など約240点を公開

展示風景より


19世紀末のフランスで活躍した画家、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの展覧会『フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線』が、6月22日(土)よりSOMPO美術館で開催されている。個人コレクションとしては世界最大級のフィロス・コレクションから約240点が展示される。

南フランスのアルビで伯爵家の息子として生まれたアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864〜1901)は、20代で画家を志しパリへ。モンマルトルにアトリエを構え、そこで生きる歌手や芸人、娼婦たちを描き、一世を風靡する。奔放な生活により肉体や精神が蝕まれ、わずか36歳で亡くなってしまうも、膨大な作品を残している。

この展覧会は、ロートレック作品のコレクターとして国際的に名高いベリンダとポール・フィロス夫妻によるコレクションで構成されている。20年にわたり夫妻が収集した作品は300点以上。そのなかでも、素描を中心に、紙を支持体とする作品群が多いことが特色のひとつだ。
夫妻のコレクションによる展覧会は、日本では初めての開催となる。

展覧会は5章構成。第一章「素描」では、100点を超えるロートレックの素描作品を紹介する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.