くらし情報『ミオヤマザキ、最新傑作『Alive』で示したターニングポイント「今まで以上にいろんなことをやっていく」』

2021年3月2日 21:00

ミオヤマザキ、最新傑作『Alive』で示したターニングポイント「今まで以上にいろんなことをやっていく」

ミオヤマザキ


個人名のような名前を持つ4人組バンド、ミオヤマザキ。2013年に結成された、平成〜令和を駆け抜けるロックバンドだ。その魅力は、感情をアップリフトする楽曲やミュージックビデオはもちろん、500万ダウンロードを突破したバンドの世界観と連動したアプリ『マヂヤミ彼女』、奇抜なプロモーションアイデア、テレビやTwitterドラマ展開などのメディアミックス、価格差を付けたライブチケット販売、そして2020年には自身最大キャパとなる横浜アリーナでのワンマンライブを実現するなど、革新的な行動力によって熱狂的なミオラー(ファンの意)からの信頼を獲得してきた。

そんなミオヤマザキが“コロナ自粛期間アルバム化計画NEW ALBUMリリースプロジェクト”として、CAMPFIREでクラウドファンディングを実施。700万円の目標金額だったが、結果、2,660万円の資金調達を達成。2021年1月20日にアルバム『Alive』をリリースしたばかりだ。

本作は、サブスクでもSpotify、Apple Music、LINE MUSICなど、全方位のストリーミングサービスで発信されている。創作スタイルをアップデートした印象を受けたミオヤマザキの最新表現。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.