くらし情報『『新・晴れた日 篠山紀信』東京都写真美術館にて開催中 60年にわたる足跡を俯瞰する初めての展覧会』

2021年6月9日 18:00

『新・晴れた日 篠山紀信』東京都写真美術館にて開催中 60年にわたる足跡を俯瞰する初めての展覧会

シリーズは、様々な技法を用いて、普段は目に見えない東京の姿を篠山があぶり出していくものだ。隅田川を真上からとらえたこの作品は、35ミリカメラを3台連結し、同時にシャッターを切り、合成したもの。現在は東京スカイツリーが完成し、空から見える東京東部も大きく変貌したと篠山はコメントしている。

『新・晴れた日 篠山紀信』東京都写真美術館にて開催中 60年にわたる足跡を俯瞰する初めての展覧会

「TOKYO NUDE」より 1990年
「人間関係」は、1992年から現在まで続く雑誌『BRUTUS』の連載シリーズ。毎回、縁のある二人を、ゆかりある場所で撮影されている。たった一枚の写真のなかに、被写体の関係性が深く浮かび上がっているようだ。

『新・晴れた日 篠山紀信』東京都写真美術館にて開催中 60年にわたる足跡を俯瞰する初めての展覧会

「人間関係」1994〜
そして、篠山は休みなく姿を変える東京をさらに撮り続けていた。羽田空港D滑走路のち家やレインボーブリッジのうねる曲線などを撮影した「TOKYO 2020」において篠山の視点はさらに広がりを見せていることが感じられる。

『新・晴れた日 篠山紀信』東京都写真美術館にて開催中 60年にわたる足跡を俯瞰する初めての展覧会

「TOKYO 2020」2009〜18年
展示されている116点の作品は、ヌードから魚の頭まで被写体の対象はバラエティに富んでいる。しかしながら、どの作品も対象の本質を捉えようとする姿勢が感じられる。写真家の60年にわたる長い歴史をたどることができる、貴重な展覧会だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.