くらし情報『パリの凱旋門を包む、壮大なプロジェクトの全貌を紹介 『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』 21_21 DESIGN SIGHTにて開幕』

2022年6月24日 18:00

パリの凱旋門を包む、壮大なプロジェクトの全貌を紹介 『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』 21_21 DESIGN SIGHTにて開幕

展示風景より


現代美術作家、クリストとジャンヌ=クロードによる60年越しのプロジェクト「L’Arc de Triomphe, Wrapped, Paris, 1961ー2021(包まれた凱旋門)」が2021年9月に実行された。これは、フランスはパリの象徴、エトワール凱旋門を16日間にわたり布で包むというもの。21_21 DESIGN SIGHTでは、このプロジェクトの制作背景と実現に向けた道のりに焦点を当てる企画展『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』が6月13日(月)に開幕。2023年2月12日(日)まで開催されている。

ブルガリア出身のクリストと、モロッコ生まれのフランス人、ジャンヌ=クロードはともに1935年6月13日生まれ。ふたりは1958年秋にパリで運命的に出会い、アーティストとして活動を開始する。

パリの凱旋門を包む、壮大なプロジェクトの全貌を紹介 『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』 21_21 DESIGN SIGHTにて開幕

21_21 DESIGN SIGHT エントランス
この展覧会は、ふたりが1961年に構想し、60年の年月を経て2021年9月実行に移されたパリのエトワール凱旋門を包み込むプロジェクト「包まれた凱旋門 」に焦点を当てるもの。残念なことにジャンヌ=クロードは2009年、クリストは2020年に鬼籍に入ってしまったが、彼らの意思を受け継ぐメンバーが、プロジェクトを成功に導いた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.