くらし情報『葛藤や不安を乗り越え、ONE N’ ONLYが成長した先に見えたもの「皆さんの背中を押せる存在に」 』

2021年12月14日 07:00

葛藤や不安を乗り越え、ONE N’ ONLYが成長した先に見えたもの「皆さんの背中を押せる存在に」 

ONE N’ ONLY 撮影:杉映貴子

撮影:杉映貴子



TikTokのフォロワーが全世界で380 万人を突破と、日本国内アーティストとしてはトップを走り、国内外問わず注目を集めているダンス&ボーカルユニットONE N’ ONLY(ワンエンオンリー)。

海外からもオファーが殺到している彼らが12月15日にDigital Single『We Just Don’t Care』をリリース!楽曲の魅力はもちろんのこと、2021年のONE N’ ONLYについてたっぷりと語っていただきました。
これまでと、これからについて、ONE N’ ONLYの想いをお届けします。

「配」「生」「振」「友」「整」「投」……それぞれが今年の漢字に選んだのは?

葛藤や不安を乗り越え、ONE N’ ONLYが成長した先に見えたもの「皆さんの背中を押せる存在に」 


――今年も残すところあと少し、ということで、2021年を振り返って、ご自分の1年を漢字1文字で表すなら、何を選ぶかお聞きしたいです。

TETTAうわ、難しい!今年の自分にぴったりな漢字……。

HAYATOはい!配信の「配」にします! 1年を通して、たくさん配信したな、って。毎月のようにインスタライブをして、配信シングルのリリースも多かったので。コロナ禍っていうのもあるけど、時代が進んでいくにつれて、SNSとか配信、デジタルになってきたな、と思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.