くらし情報『松任谷由実が今年も“苗場”に帰ってきた 「SURF&SNOW in Naeba」ライブレポート到着』

2021年3月30日 10:00

松任谷由実が今年も“苗場”に帰ってきた 「SURF&SNOW in Naeba」ライブレポート到着

を披露。「あの頃、もう一度オリンピックが東京にやってくるなんて、私には想像ができませんでした。そして、こんなことになるなんて、間違いなく誰もが想像できなかったと思います」と語った。

松任谷由実が今年も“苗場”に帰ってきた 「SURF&SNOW in Naeba」ライブレポート到着


また、終盤では、今回のテーマ『woman in the moon』を象徴する楽曲のひとつである、小松左京原作の映画『さよならジュピター』の主題歌として書き下ろされた1984年リリースのシングル「VOYAGER~日付のない墓標」を披露。

本公演は、リクエストコーナー含め全21曲、感染予防を考慮しアンコールは行なわず、約2時間のステージが行われた。

また、通常行っている感染対策以外に、前述の来場者全員へフェイスシールドの配布、入場ゲートにはエアシャワーの設置、更には会場内に紫外線空気除菌装置を8台設置し、安全対策に努めている。

動員数は、会場収容人数1,400人に対して、50%以下の600人で対応。8日間で約4,800人とプレミアなライブとなっている。通算公演回数は1981年のvol.1より、4月7日(水)の公演で300回を迎える。

また、今回、来場出来ない観客の為に、4月10日(土)には、ライブ生配信が決定。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.