くらし情報『ディーン・フジオカの背中を押すもの「生きていくためにやってきたことが、自分の命題のようになっている」』

ディーン・フジオカの背中を押すもの「生きていくためにやってきたことが、自分の命題のようになっている」

ディーン・フジオカ (撮影:友野雄)

(撮影:友野雄)



何かを信じて、自分の軸を持って生きていくことは難しい。自分の行動が周りに影響を与えるとなおさら恐ろしくなる。
しかし、『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』の主人公である小比類巻祐一は、優しさと愛情を持ちながらも、その軸を曲げない。ときとして、それが自分を傷つけることになったとしても。
彼の心を支えるものは何なのか。そんな小比類巻を演じるディーン・フジオカにもまた、仕事に対する信念と軸があった。

Season3は「待ってました、ですね」

ディーン・フジオカの背中を押すもの「生きていくためにやってきたことが、自分の命題のようになっている」


2022年4月に放送され、話題となった『バンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』。
主人公は科学の光を信じ、科学は人類を幸せにしてくれる、と信じる小比類巻。警視正である彼が設立したのは、最先端科学技術にまつわる事件を専門に扱う「警察庁 科学犯罪対策室」だった。共に事件に挑むのは天才科学者・最上、元・警視庁捜査一課の叩き上げで優秀な捜査官・長谷部。Season2では新人捜査官・奥田も加わり、パワーアップを果たす。
そして、約2年の時を経て最新章SPとSeason3で帰ってきた。そんな再始動について、ディーンは「もっと早いかと思っていた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.