くらし情報『松尾太陽が未来に向けて紡ぐ“ものがたり”「どれだけ周りに視線を向けられているかを大切にしたい」』

2021年9月7日 11:30

松尾太陽が未来に向けて紡ぐ“ものがたり”「どれだけ周りに視線を向けられているかを大切にしたい」

松尾太陽 撮影:鬼澤礼門

撮影:鬼澤礼門



松尾太陽がファーストアルバム「ものがたり」を9月8日(水)にリリースする。
メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急のボーカル・タカシとして活躍する一方で2020年9月にはミニアルバム「うたうたい」でソロデビューを果たした。2021年1月には全編英詞のR&Bダンスチューン「Magic」、3人組ピアノバンド・Omoinotake提供曲のラブバラード「体温」、自身が作詞作曲を手掛けた「ハルの花」を3ヶ月連続配信リリースし、改めてその音楽性の豊かさを示した。

そんな松尾の「今」が詰め込まれた「ものがたり」。より深く、より真摯に、成長を続ける彼の歌と音楽への向き合い方について聞いた。

音楽に触れる機会が増えたことで生まれた歌への貪欲さ

松尾太陽が未来に向けて紡ぐ“ものがたり”「どれだけ周りに視線を向けられているかを大切にしたい」


――まずは、アルバム「ものがたり」発売にあたって今のお気持ちをお聞かせください。

初めてのフルアルバムなので、こうやって無事にリリースできてよかったです。今回、タイトルが「ものがたり」ということもあるので、いろんな曲を踏まえた上で、自分のこれまで描いてきた人生だったり、これからの明るい未来につながるような、そんな1枚になっているんじゃないかと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.