くらし情報『シム・ウンギョン“最初の日本映画”が公開に。「さまざまな女性像を表現したい」』

2021年4月9日 12:00

シム・ウンギョン“最初の日本映画”が公開に。「さまざまな女性像を表現したい」

作品で一番大事なのは台本であって、台本に全てが書かれている――何度も繰り返し読む中で、新たなアイデアが沸いてきたり、キャラクターを深く理解することができるようになって、逆に以前の自分は読み込みや努力が足りなかったなと反省しました(苦笑)。今もそうやって何度も台本を読むことは習慣になっていて、台本は役者にとって宝物なんだと実感しています」

シム・ウンギョン“最初の日本映画”が公開に。「さまざまな女性像を表現したい」


本作を含め、これまでに公開、放送されてきた彼女の出演作を見ると、女性の描き方を大事にしている作品、物語の中で女性が重要な存在となっている作品が多いように思えるが、それは出演作を決める時点での彼女自身の意向なのだろうか?

「そうですね。意識的な部分は確かにあります。私は女性であり、この世界を女性として生きているひとりとして、もっと多様な物語の女性像を見たいなと思っていますし、だからこそ自分が演じる上で、さまざまな角度から考えて、個性や人間性を表現できたらと思っています。この先もいろいろな作品に挑戦し、個性豊かな女性の人生を演じることができたらと願っています」

取材・文:黒豆直樹撮影:源賀津己

シム・ウンギョンのサイン入りチェキを1名様にプレゼント! ぴあアプリを ダウンロード(dpia-app://contentAll?contentId=3ce4f6d0-91e5-4106-a105-a9ea759dc9ef&contentTypeId=2)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.