くらし情報『佐野勇斗が横浜流星に捧げるリスペクト「ファンの方と同じ気持ちで見ています(笑)」』

2022年2月18日 12:00

佐野勇斗が横浜流星に捧げるリスペクト「ファンの方と同じ気持ちで見ています(笑)」

横浜流星とは、学年でいえばひとつ違い。世代が近いこともあり、初共演とは感じさせないほど意気投合した。

「僕はオンとオフで顔が違うタイプで、プライベートだとあんまり喋らないんですね。流星くんは表の顔も喋らないイメージだったから、会う前は合わないだろうなと思っていたんですけど、(クランク)インしてみたら意外と流星くんの方から喋りかけてくれて。年も近いし事務所も同じだし、共通の話題が多かったこともあって、自然と仲良くなれました」

最も近い場所から見ていた佐野の目に、天才ギャンブラーを演じた横浜流星はどのように映っていたのだろうか。

「すごいなあ、カッコいいなあって、ファンの方と同じ気持ちかもしれないです(笑)。役って普段の自分と近いところがあるから選ばれると思っていて。流星くんも、あの人を惹きつけるカリスマ性が貘そのものでした。流星くんについていけば、なんかうまくいくんじゃないかって思わせてくれるんですよね。そういう力は僕にはないので。男から見てもカッコいい男だなと思いました」

佐野勇斗が横浜流星に捧げるリスペクト「ファンの方と同じ気持ちで見ています(笑)」

亮平さんは、こうなりたいという僕の指針です

佐野勇斗が横浜流星に捧げるリスペクト「ファンの方と同じ気持ちで見ています(笑)」


『ドラゴン桜』から『真犯人フラグ』まで1年間連ドラに出ずっぱり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.