くらし情報『純烈、佛田洋監督が『スーパー戦闘 純烈ジャー』完成披露舞台挨拶に登場 「いろんなものが詰まった幕内弁当のような映画」』

2021年8月27日 11:38

純烈、佛田洋監督が『スーパー戦闘 純烈ジャー』完成披露舞台挨拶に登場 「いろんなものが詰まった幕内弁当のような映画」

マダムのみなさん、カラオケファンのみなさんに応援していただいて、がんばってきた僕たちが、コロナ禍もあり、グループの存続もどうすべきかと考えたときに、“負けてたまるか!”という気持ちで立ち上がりました。コロナ禍でスケジュールが空いたのをきっかけに、2020年3月に以前からの夢だったヒーロー映画の構想を仲間に話したのが始まりです。ヒーローが好きなみなさん、マダムのみなさん、いろんな方に楽しんでいただける映画になりました!」と胸を張った。

構想を聞いた時の感想について白川は「いつものギャグかなと思いました。(純烈は)嘘から出たグループなのでギャグってこともあるだろうなと。でも、変身後のスーツアクターの映像を見て『これは、本当なんだな』と思いました(笑)。一流のスタッフが集まっているので気合を入れて挑まないとバチが当たるぞと意気込みました」と振り返る。撮影時のエピソードについて、小田井はこの日のイベントのMC・山本康平について触れ、「山本くんは僕の師匠のような役柄を演じたのに、ありえないくらい緊張していました。僕たちよりも役者経験のある山本くんがなにかにつけて“大丈夫かな”と心配そうな顔で演技の確認をしていたのがとても懐かしいです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.