くらし情報『新国立劇場が挑む全十篇完全舞台化がついにクライマックスへ。上村聡史演出「デカローグ8」稽古場レポート』

新国立劇場が挑む全十篇完全舞台化がついにクライマックスへ。上村聡史演出「デカローグ8」稽古場レポート

新国立劇場デカローグ8「ある過去に関する物語」稽古より (撮影:田中亜紀)

(撮影:田中亜紀)



新国立劇場による大プロジェクトが、ついに“最終章”へと突入する。4月に公演がスタートした「デカローグ」十篇の完全舞台化は、6月22日(土)に幕を開けるプログラムD (デカローグ7・8)、プログラムE(デカローグ9・10)の交互上演を残すのみに。劇場では、4篇の稽古が同時に進行中。上村聡史演出によるデカローグ8の稽古場を取材した。

ポーランドの映画監督クシシュトフ・キェシロフスキによる「デカローグ」。今回の舞台化では演出を小川絵梨子と上村が分担、プログラムDのデカローグ7、8はいずれも上村が担当する。3月に実施されたトークイベントで、上村が「ぜひやりたかった」と挙げていたのがこのデカローグ8。どんな表現でこの物語を紡いでゆくのか、期待とともに稽古場へ。


副題は「ある過去に関する物語」。観客を物語の世界へと導くのは、物悲しいピアノの調べだ。冒頭、登場人物の過去の出来事がほのめかされるも、それがどんな過去なのか探りきれぬまま、アパートの住人の日常が始まる。

先行するエピソードと同様、稽古場に設けられたのは1980年代、ワルシャワ郊外の巨大アパートの装置。毎回少しずつ姿を変え、さまざまな登場人物たちの暮らし、事件を垣間見せてきた空間だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.