くらし情報『【おとな向け映画ガイド】時空を超えるファンタジー2本、あの世界的SF小説を初映画化『夏への扉』、消えたバレンタインデー『1秒先の彼女』をご紹介。』

2021年6月20日 12:00

【おとな向け映画ガイド】時空を超えるファンタジー2本、あの世界的SF小説を初映画化『夏への扉』、消えたバレンタインデー『1秒先の彼女』をご紹介。

イラストレーション:高松啓二

イラストレーション:高松啓二



【おとな向け映画ガイド】

時空を超えるファンタジー2本、あの世界的SF小説を初映画化『夏への扉』、消えたバレンタインデー『1秒先の彼女』をご紹介。

ぴあ編集部 坂口英明
21/6/20(日)

https://bit.ly/3vtQzvD

波多野健さん(TVプロデューサー)
「……山下達郎さんのために吉田美奈子さんが書いた『夏への扉』の中に出てくる「そしてピートと永遠の夏への扉開け放とう」というところではいつもグッと来てしまう。その映画化なのだが、これがいいのだ。……」
https://bit.ly/3gFcCKm

目覚めたら昨日が消えていた!
『1秒先の彼女』

交番に飛び込んできた若い女性と警察官の会話。
「どうしました?」
「なくし物を」
「何をなくしました?」
「1日を。今朝起きたら昨日の記憶がないんです。
昨日1日が私の中から消えてしまったんです」
シュールなコントのような始まりです。

映画の原題は「消失的情人節」、訳すと“消えたバレンタイン・デー“。大ヒットし、台湾アカデミー賞(金馬奨)で最優秀作品賞など5部門を受賞した作品です。台湾では、2月14日と七夕7月7日の両日をバレンタインデーと言います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.