くらし情報『20歳になった「さくらしめじ」がお芝居と歌で魅せた有観客ライブ「会えなかった時間が僕たちの歌を深いものにしてくれた」』

2021年4月5日 18:00

20歳になった「さくらしめじ」がお芝居と歌で魅せた有観客ライブ「会えなかった時間が僕たちの歌を深いものにしてくれた」

公園に遊びに来たお仲間たち――コスプレをしたバンドメンバーや、客席にいるきのこりあん(さくらしめじファンの総称)に協力してもらうも変わらずだ。

幸せなときのことを思い浮かべるって何を思い浮かべていた?と彪我に向かって問いかける雅功。彪我「そんなの決まってるじゃん。こうやって雅功と歌ってるときのことだよ」雅功「マジで?ほんとに?僕も全く同じことを考えてた!」と声を弾ませるふたりに思わず客席からも拍手があふれ出す。

雅功「よかったら一緒に歌いませんか?目の前にこんなにたくさんのお客さんがいるんだし!」彪我「みなさんが歌っていいよ、って言うなら歌いますよ!」雅功「みなさん盛り上がれる準備はできていますか?」と2人に応えるように、会場からは割れんばかりの拍手が。そうして始まった1曲めは『えそらごと』。ギターを手に歌い、跳ね、客席にも手拍子を促し、空気を高めていく。ギターを置き、タオルを手にした2人が続けて歌い出したのは『Bun! Bun! BuuuN!』。客席にもタオルが揺れ、風を作り、会場内には一体感が生まれていく。雅功ははしゃいだようにすべり台に上り、彪我も笑顔でタオルを回す。少し遠のいていたライブの空気感を思い出させてくれるようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.