くらし情報『萩原利久にとっての“信頼”とは「自分の言葉で話すこと」』

萩原利久にとっての“信頼”とは「自分の言葉で話すこと」

萩原利久 (撮影:映美)

(撮影:映美)



その両目を見て思う。熱い。どこか飄々とした居住まいだが、作品や役への熱は、確かにそこに宿る。しかし、それは決して、押し付けがましくはない。

俳優・萩原利久が、出演映画『朽ちないサクラ』(6月21日公開)について語るのを聞いていると、いかに本作が現代社会を描写しているかが伝わる。人や組織への「信頼」とは何なのかを考えるとき、いつだって慎重に言葉を発している彼の姿が、自然と思い出される。萩原にとって、信頼とは何なのか。

『朽ちないサクラ』は「視点の多い作品」

萩原利久にとっての“信頼”とは「自分の言葉で話すこと」


本作で萩原が演じたのは、杉咲花演じる主人公・森口泉とともに、事件解決のため動く青年刑事・磯川俊一。ピュアで正義感の強いキャラクターを演じたことで、心の内に芽生える変化はあったのか。

「磯川という役はもちろん、この『朽ちないサクラ』そのものから得る影響は大きかったと思います。とある一つの事件を追っていく作品ですが、現代社会そのものを投影していると感じる描写もありますし、何より視点が多くて。起きている事実は一つでも、立場によって関わり方や見え方が変わってくるんです。これって、いまの社会っぽくないですか?」

インターネット、SNS、ニュースサイト。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.