くらし情報『「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 2021」プレイベント開催決定 前回ノミネート全作品がスクリーンで上映』

2021年6月11日 18:00

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 2021」プレイベント開催決定 前回ノミネート全作品がスクリーンで上映

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」プレイベント


第18回を迎えた「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 2021」が、9月25日(土)〜10月3日(日)に開催される予定だ。この度、9月の本開催に先駆けたプレイベントとして、7月4日(日)、10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)の5日間、2020年に映画祭でノミネートされた、グランプリなどの受賞作品を含む全24作品がスクリーンで上映されることが決定した。

2020年は、新型コロナウイルス感染症拡大予防の観点から、オンライン配信で開催された本映画祭。今回のプレイベントでは、メイン会場であるSKIPシティ映像ホールのスクリーンで作品を鑑賞する機会となる。また、海外作品の上映後には事前収録の監督インタビュー動画が上映され、国内作品の上映後にはゲストによるQ&Aセッションが行われる予定だという。

上映作品には、今年1月に劇場公開された、串田壮史監督の『写真の女』、3月公開のアンシュル・チョウハン監督『コントラ』、4月公開の藤田直哉監督『stay』、8月20日公開予定の『リル・バック ストリートから世界へ』(映画祭上映タイトル『リル・バック/メンフィスの白鳥』)も含まれる。

■上映スケジュール

7/4(日)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.