くらし情報『キャリアアップのために。「数字が苦手」を克服する方法』

キャリアアップのために。「数字が苦手」を克服する方法

2018年5月21日 22:00
 

仕事で手にする資料にびっしりと書かれた数字の山。読むのも大変で「数字って苦手……」と感じている人も多いのでは。
これからキャリアを積んでいきたいと考えている人はその壁を越えていかなければなりません。では、どうすれば苦手な数字を克服できるのでしょうか。

そこで今回は、ビジネス数学の専門家である深沢真太郎(ふかさわしんたろう)さんに、「数字が苦手」を克服する方法をお聞きしました。

目次

・「数字が苦手」の2つの理由
・(1)学生時代に、算数や数学が苦手だったから今もなんとなく苦手なタイプ
・(2)数字というものが具体的すぎる言語だから嫌なタイプ
・「数字が苦手」…それは単なる思いこみ!
・数字は「言葉」。楽しい事を数字で言ってみよう!
・日々体を鍛えているので、太ることがありません。
・今日のランチでたまたま入ったレストランのパスタが美味しかった
・普段の数字を少しずつ仕事の数字に変換!で数字に強くなる
・パンケーキが今、4分の1ほど残っている。25%だな。今年の営業利益もそのくらいだった。昨年度に比べると〇%アップくらいかな…
・ライタープロフィール
売り上げ目標

「数字が苦手」の2つの理由

悩む女性


倉島:特に女性は数字が苦手な人が多いと思うのですが、克服する方法はありますか?

深沢:私がビジネス数学を始動する場を通して多くの人と接してきた中で、「数学が苦手」と感じている人は主に二つの原因があると思います。

(1)学生時代に、算数や数学が苦手だったから今もなんとなく苦手なタイプ

「学生時代からの苦手意識」をそのまま引きずっているのは、圧倒的に女性に多いタイプといえるでしょう。
「ずっと文系だったから」「数学でいい点を取ったことがない」など。前から苦手だから、私にはもともと素質がない。もう無理なんじゃないか……そう思っている方が多いように思います。

(2)数字というものが具体的すぎる言語だから嫌なタイプ

こちらは特に年齢の高い男性に多いタイプです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.