くらし情報『プラスの言葉に変換するチカラを。ポジティブ思考の作り方』

2018年9月24日 21:00

プラスの言葉に変換するチカラを。ポジティブ思考の作り方

30代くらいになると、仕事では部下を抱えたり、結婚を考えるようになったり、肌の調子が変わったりと悩みはつきないもの。でも悩んでもいいことは全くありません!

「病は気から」という言葉があるように、マイナスなことばかりを考えていては、その通りになってしまうかもしれません。

・口癖になってない?マイナスな言葉は負の感情を引き寄せる
・マイナス言葉は「言い換え」で前向きワードに◎
・「すみません」の変わりに「ありがとう」を使おう
・ライタープロフィール
逆に普段から「プラスの言葉」を使い笑顔でいれば、快楽ホルモンのβエンドルフィンやドーパミン等が出て、元気に前向きになる効果が期待できます。

今回は、「プラス思考コミュニケーション術」講座が企業研修でも大好評の、フリーアナウンサーでスピーチコンサルタントの筆者が、元気にポジティブ思考になる、言い換えるといい言葉をご紹介します。

ポジティブ思考の女性

口癖になってない?マイナスな言葉は負の感情を引き寄せる

女性のリップアップ


今でこそポジティブで明るい筆者ですが、実は以前に無意識に使っていて、友人から注意された口癖があります。それは「恐い」という言葉です。

もちろん本気で言っていた訳ではなく、「何それコワイ~」「コワイですね(笑)」と軽い気持ちで使っていただけなのですが、友人に「その言葉、良くないんじゃない?」と言われて気づきました。「コワイ、コワイ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.