くらし情報『冷えやイライラが原因?中医学的「夏の疲れ」解消法』

2019年8月15日 20:00

冷えやイライラが原因?中医学的「夏の疲れ」解消法

暑さや湿気でどっと疲れが押し寄せる夏。体が重だるい、疲れが抜けないなど、イベントや夏休み中に夏バテしていたら残念ですよね。

夏の疲れは病気ではなく未病の状態。病院に行くほどではないという不調には、中医学の知恵が役に立ってくれます。

目次

・あなたの夏疲れの原因は?
・女性の大敵「夏冷え」
・「汗」はかきすぎてもかかなさすぎてもダメ
・「イライラの感情」も夏疲れの原因
・中医学的「夏の疲れ」と上手に付き合う対策は?
・(1)半身浴
・(2)胃腸を労わり体力をつける
・(3)お腹を冷やさない
・(4)イライラしない
・ライタープロフィール


そこで今回は、国際中医薬膳師の筆者が「夏の疲れとの付き合い方」をご紹介したいと思います。

夏疲れを感じている女性

あなたの夏疲れの原因は?

夏の疲れの原因は、気温と生活が深く関係しています。当てはまる原因がないか、さっそく以下の項目でチェックしてみましょう。

女性の大敵「夏冷え」

冷えには「冬冷え」と「夏冷え」がありますが、女性はとくに夏冷えに注意するべきだといわれています。

クーラーで体が冷えると自律神経が乱れて体温調節がうまくいかなくなるのと同時に、暑くて冷たい飲食物ばかりをとることで内臓に負担がかかり、不眠・胃腸虚弱・食欲不振・だるさなどの原因になります。

「汗」はかきすぎてもかかなさすぎてもダメ

ジョギングをする女性


汗をかきすぎると、気(エネルギー)が流失してしまいます。「血汗同源」といい、血と汗は同じ材料なので、汗をかくと血も失われて体の中はドロドロ血に。気・血・水すべてが足りなくなって疲れてしまいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.